最終話 遥かなる厚木へ

我々は、一路引き返して行った。

足取りが重い。
今まで通ってきた道を引き返すとなると、余計に重く感じられた。

帰り道はコンビニやマックを梯子して帰った。
しかし、心満たされる事はなかった・・・

「もうダメだ・・・」
突然YMTが弱音を吐いた。

「何を言ってるんだ!」
「俺の自転車は所詮シティサイクルさ・・・
 町内を走る事に向いてるだけのしがない自転車なんだよ・・」
「何言ってるんだ!シティサイクルのシティってのはなぁ!
 町から町を駆けるって意味なんだよ!」
「お前・・・」

二人の眼から熱いものがこぼれおちた。
そう、探しものはもっとも身近なところにあったのだ・・・

それからの帰りの足取りは飛ぶように速かった。

厚木に入ったとき、YMTはアクエリアスが飲みたいと言った。
行けども行けどもコカコーラ社の赤い自販機は見つからない。
コンビニやポカリスエットで妥協することもしなかった。
そう、我々が求めるのはアクエリアスただ一つ・・・

もうゴール目前かというところでついにアクエリアスと遭遇した。
これこそが神からの祝杯だったのだろう。

そして、ついに我々はゴールしたのだ。

最後に餃子の王将で宴をあげ、我々の旅は終わった。

今回の旅はおそらくひとりで乗り越えられたものではないだろう。
2人の協力があってこそ乗り越えられたものなのだ。
今回の旅で二人の絆はより強いものとなった。
これからもたくさんの困難が待ち受けているだろう。
しかし、この二人なら乗り越えられるに違いない。


やっと終わりました
何度か書いてるほうもくじけそうになりましたが、書いてみると結構ノリノリであっさり書けました。

最後に、恐らく最後の2行は2期への複線でしょう。